ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

設備工事店向けの見積・積算ソフト 社長の猫の手誕生秘話

社長の猫の手は設備工事店向けの見積・積算ソフトのスタンダードを目指して2006年の販売開始以来、約15年を費やし、その機能、使い勝手の向上を図る為、常に改良を続けてきました。

他と大きく違うのがソフト開発者自身が設備工事に従事する者である事です日常の設備工事店での経験をプログラムに直接反映しています。設備工事の経験の無いプログラマーが作ったソフトと使い勝手が違います。

設備工事店で本当に必要な機能を漏れなく搭載しています。

見積書作成の他、修理伝票、納品書、請求書、領収証、注文書、日報作成、工事写真帳作成、売上管理機能など設備工事店で必要となる伝票作成機能を全て搭載済みです。

また、顧客台帳自動作成機能(顧客メモ)、請求書送付記録など本当に便利な機能が満載です。社長の猫の手は60日間、機能制限など一切無しに無料試用が出来ます。是非一度お試下さい。

 何故、機能制限無しに60日間も無料試用出来るようにしているのか? その答えは私自身の苦い経験からです。元々某家電メーカーのビル用空調機のソフト開発に8年程従事し、家業の設備工事店に戻りました。

当時弊社ではほとんどの伝票が手書きまたはワープロによるもので見積書作成といってもそれなりの設備工事経験があり、細かな拾い出し作業などを経て時間と労力を掛け作成していました。

これでは効率が悪いと考え、100万円を越える設備専用ソフトを購入しました。しかしながらデータ登録など膨大なデータを始めに設定して初めて使えるという商品で全く実用的では有りませんでした。次にこれに懲りず、バブリーな時代でも有った為、また別なソフトを同じく100万円程で購入しました。最初に数回使い方の説明が有りましたが、私は工事業務が忙しく、代わりに事務員さんが説明を聞きました。購入から少し時間が経過し、仕事の合間にソフトを使いこなそうとした時、ソフトをインストールしたパソコンが壊れ、認証キーの再発行を購入先に要望したら、再発行出来ませんというつれない回答、結局、2本で200万円を使えないまま、ドブに捨てたという経験があります

 このような苦い経験から、取り合えず、自社で使える物を自分で作って見ようと考えました。前の会社ではまだマイクロソフトのワード、エクセルよりも一太郎、花子がスタンダードでエクセルは使った経験が有りませんでした。また、当時はWindowsでは無くMS-DOSしか使った事が有りませんでした。従って、今の会社に戻って来た時、マウスでさえ使った事が有りませんでした。

しかしながら、マイクロソフトエクセルは計算式が入れられることは知っていました。従って、エクセルで伝票の枠を作り、合計の計算などを自動的に出来るようにするところから始めました。

最初に作ろうとしたのが修理伝票です。弊社では修理に力を入れていたため、修理完了後に印刷された修理伝票に修理実施者が手書きで日付、時間帯、修理内容、実施者、修理に要した時間、修理に使用した部材を記入していました。

次にこの伝票を事務員さんが掛かった時間に対する労務費、使用した材料の原価を拾い出し集計していました。それを社長(私の父)が経験と勘で最終的な顧客への請求金額を決めていました。

後から請求金額を確認すると、自分では大変苦労して修理したのに以外と請求費用が安いな? などと感じる場合がありました。

そこでこれらをもっと合理的に要した労力に請求金額が見合うようにするにはどうすれば良いかを考えました。そこで、単に修理に要した時間、材料だけで無く、修理の緊急性(急ぎ、並み、手すき)、現場の状況(高所、危険、汚れている場所)、修理の時間帯(平日、17時以降、休日、深夜)、作業員の熟練度、移動に要した時間など様々な要素を請求金額に反映出来る伝票を作成することを目指しました。また修理に要した部材を予め登録しておき、選択することで金額が自動的に計算されるようにしようと考えました。様々な思いを実現しようとした際、エクセルの計算式だけでは実現が難しくなって来ました。

エクセルを使って行く中でエクセルにはマクロというプログラム機能が含まれている事に気づきました。以前、前の会社でビル空調機のソフト開発に携わっていた際、プログラム開発には専用言語と開発機材(デバッカー)などが必要で当時1000万円を越える設備投資をして初めてプログラム開発が出来るという状況でした。それが常識だと思っていたのにパソコンを購入した際に標準搭載されているマイクロソフトのofficeにプログラミング機能が最初から入っており、色々調べるとデバック機能も標準搭載しているのは衝撃的でした。最初は半信半疑でした。こんなに安いソフトで本当にプログラムが作れるのか?と疑っていました。参考書を購入し、独学でやり始めるうちに完全にはまってしまいました。

修理伝票で材料登録した為、これを利用すれば見積書が作れる!見積書がある程度形になった時、自社で事務員さんに使って貰うように頼みましたが、昔ながらのやり方に慣れたベテランの事務員さんは使おうとしませんでした。そんなことはお構いなしに私自身はプログラム開発に没頭しました。そのうち、このソフトを商品として売って見たいという気持ちになり、社内での反対の声にも負けず、本業そっちのけで益々のめり込んで行きました。こうして、設備工事専用ソフト ”社長の猫の手” が誕生しました。最初は仕入れ先の展示会に出品させて頂き、様々なお客さんの要望、自社でのノウハウを次々にプログラムに反映し、現在の原型が完成しました。

2006年にネット上で販売開始し、お客様の要望を製品に反映し、バージョンアップを重ねて来ました。

 社長の猫の手の開発にあたり、まず使い勝手が良い事、パソコンの苦手な人でも簡単に使える事、面倒なデータの登録作業など必要とせず、直ぐに使える事、設備工事に携わる人が本当に必要とする機能を安価に提供する事を目指しました。そして、本当に使えるプログラムかどうか見極めた上で購入して頂けるよう配慮しました。

そこで、社長の猫の手を購入して頂くお客様にはまず始めに無料で60日間機能制限無しにお試頂き、これは使えるという確信を持って頂いた方のみ製品を購入して頂くというスタイルを採用しました。購入したけど使えないといった無駄な投資になる心配も有りません。価格も大変お安く、設備工事店で必要な機能が全部揃っています。プログラム1本のご購入で事務所内のパソコンにインストールしてネットワーク環境での利用が可能です。リモートアシスタンスを利用して遠方のお客様でも購入前・購入後のサポートも万全です。

是非、一度、社長の猫の手を60日間無料でお試下さい!

2021年06月18日

社長の猫の手 Ver-11.00 更新しました

令和3年度の公共工事設計労務単価を導入し、Ver-11.00としてリリースしました。

今回の更新内容は設計労務単価の他、Ver-10.00での工事写真帳の分割編集時の不具合、売上伝票処理での年度移行処理での不具合を修正したものです。


また、既にご購入済みのお客様へのバージョンアップ時に利用して頂けるnekoBKソフトの更新も実施しています。


地道な変更内容ですが、社長の猫の手は設備工事店向けの見積・積算の専用ソフトとしてさらなる向上を目指し改良を続けています。

2021年06月18日

日産リーフの良いところ

これまでブログの中で最もネタになっているのが日産リーフですが、改めて内容を確認すると短所について述べている点が多いように思います。そこで我が愛車リーフの名誉のために今回は特に良い点を中心に記事にしてみました。

日産リーフ(平成26年式 24kW Xタイプ)の良い点

1)電気自動車の先駆け

  日本のみならず、世界で先駆けとして電気自動車を普及させたという点でえらい!

2)加速が凄い

  普段は電費とスピードオーバー注意の為、ECOモードで走行していますが、ノーマルの加速は素晴らしく早い。3000CCのガソリン車と比べても比べ物になりません。

3)わざわざガソリンスタンドに行く必要がない

  当たり前の事ですが、電気自動車なのでガソリンスタンドに行く必要が有りません。リーフを普段の足として積極活用し始めてから月々のJAカードの請求金額が大幅に減りました。ちなみに自宅、会社の両方で普通充電設備を設置している為、自宅では深夜電力による充電、会社では天気の良い日に自家消費型太陽光発電設備から充電する事でコストを極力抑えています。なお、急ぎの場合のみ急速受電を時々利用しています。

4)暖機運転など不要

  これまでガソリン車の場合、真冬の通勤の朝一番は短い暖機が必要でした。自宅から会社まで2km程度の短い距離ですが、寒さとエンジン保護の為、通勤に要する時間よりも長い時間暖機をしていました。電気自動車のリーフにとって冬場は電費が悪く苦手な時期である事は確かですが、暖機は不要で直ぐに暖房が入り、モーターは暖気しなくても坂道をぐいぐい登ってくれます。この点はネット上でも記載が有りませんが、私がリーフを使って良い点として実感する点です。

5)オイル交換などが不要

  ガソリン車では3000km、5000km程度にエンジンオイル・フィルターなどのメンテナンスが必須ですが、当たり前のことながら、電気自動車のリーフには必要有りません。唯一、バッテリーの保護には細心の注意が必要です。なお、ガソリン車ならスタンドでタイヤの空気圧の点検を時々していましたが、リーフの場合、ガソリンスタンドには行きませんので空気圧は自分で時々車載の空気入れで確認が必要です。

6)その他

  電気自動車のメリットとして言い尽くされている点としてガソリン車、ハイブリッド車に比べて圧倒的に燃費(電費)が良い、静粛性が高いがあります。

なお、24kWリーフの場合、航続距離が短い為、別な車が無いと不便です。実際、私もガソリン車と併用です。複数台所有する為の費用を考えれば単に電費が良いと喜んでいられません。しかしながら、家族で車を複数台必要な場合の1台として電気自動車のリーフ、特に最新モデルでは無い中古車であれば比較的年数の新しい物が非常に安く購入することが出来ます。私の場合もネットで日産ディラーの中古車、走行距離9000km程度、セグ欠け無しを比較的安く購入しました。丁度、新型が発売された時点のため、型落ちとなりその点でも価格に非常に魅力を感じました。新型リーフ(ZE1)は外観的には非常に洗練された感じで一般受けするデザインですが、旧型(AZE0)の方が未来の車という斬新さが有り、結構面白いデザインだと思います。とりあえず、電気自動車を試してみたいという方には悪くない選択だと思います。

 

2021年06月14日

リーフ急速充電

平成26年式24kWの日産リーフ(Xタイプ)を急速充電を検証してみました。

実施日時 2021年5月24日 午前11時09分~11時39分

実施場所 いつもお世話になっている会社近くのエネオスさん

急速充電器 SDQC-301-U (新電元工業(株)製)

充電開始残量 54% (74km)

充電終了残量 95% (129km)

充電電力 7.13kWh 

という結果になりました。この結果より、実際に現時点で有効なバッテリー量を計算してみました。

X(有効なバッテリー量)×(95-54)% =7.13kWh

よって X=7.13 ÷ 0.41 =17.39kW という結果です。

すなわち、24kWのリーフですが、実際には17.39kW(72.4%)しか有効に機能していないという結論です。

2020年4月に12セグから11セグにセグ欠けしているとはいえ、だいぶさびしい結果です。充電効率が85%位という事を加味すると17.39÷0.85=20.45kWとなりますが、この2021年5月度の平均電費 8.5km/kWh (Nissan Connect EV)から考えると、

 17.39kW × 8.5 =147.8km となり、普通充電で100%実施時の航続距離

(5月31日 自宅100% 141km)にほぼ近い値となります。

購入時よりずっと充電の記録をつけていますが、これまでの最高記録は2020年9月の100%充電時の航続距離の最高記録が160kmであり、ワースト記録は2021年2月の121kmです。これらは普段の乗り方に大きく左右され、空調が必要ない時期に遠乗りすると大きく伸びますが、冬季の暖房が必要な時に短距離しか乗らないと航続距離が大きく落ち込みます。

なお、余談ですが、航続距離の最高記録160kmはセグ欠けしてからの記録なのが面白い点です。


 

2021年06月14日

祝 松山英樹選手マスターズ優勝 

 ついに日本男子ゴルフ悲願のメジャー制覇、松山英樹選手マスターズ優勝という歴史的快挙をやってくれました! 優勝の瞬間、テレビ解説の中嶋常幸さんの声が聞こえないのでおかしいな?と思っていたらうれし涙で声がでなかったとの事。私も夜中に目が覚め、携帯で途中経過を見ていましたが、前半で5打差を付けて折り返しのサンデーバックナインに入ったところで我慢出来ず、歴史的瞬間の目撃者となるべくテレビをつけました。

 3日目の松山選手のプレーは本当に素晴らしかった。全てにおいて他の選手を圧倒していました。完璧なプレーで2位と4打差、ホールアウト後のインタビューでも中嶋さんの松山選手に余計なプレッシャーをかけまいとする心遣いをものすごく感じました。最終日の後半はハラハラドキドキの連続でしたが、最後は1打差でついに悲願達成! 

 松山選手はこの優勝でこれまでの重圧から解き放たれ、本来のポテンシャルを存分に発揮してどんどん勝ってくれると思います。また、松山選手と3日目、最終日と同伴競技者のX・シャウフェレ選手との相性もよく、共に切磋琢磨の相乗効果で優勝に繋がったようにも思われます。彼はこれからも手ごわいライバルになりそうです。

 コロナ禍で暗いニュースが多い中、日本に元気を与えてくれました。これで益々、ゴルフ練習場の待ち時間が増えるのは間違いなしですが、私も頑張って松山選手のスイングイメージを頭に浮かべながらもっと練習します。

 

2021年04月12日
» 続きを読む