ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2021年紅葉

本年、兵庫県内紅葉の名所に行った際、スマートフォンで撮影した画像です。

 

 












2021年12月10日

設備工事店向けソフト社長の猫の手は60日間無料試用出来ます

設備工事店向け見積・積算ソフト ”社長の猫の手” は使い勝手の良さを納得して頂いた上でご購入の判断をして頂く為、60日間無料試用が可能となっています。一般的にプログラムのお試しの場合、一部機能制限を設けたりすることがよく有りますが、社長の猫の手はそのような機能制限を一切設けず、60日間無料試用が可能です。

日常業務でお使い頂き、本当に使い易いか?、また使いこなす事が出来るか?、自社の様式に合っているか?、設備工事店で使用する必要機能が漏れなく含まれているか? など是非、ご自身でお確かめ下さい。

また、”このような機能が有れば良いのに” などご意見をお聞かせ下さい。社長の猫の手はこれまでお客様のご要望に答える為に様々な便利な機能を追加しながら、設備専用ソフトとして進化してきました。見積・積算だけでなく、設備工事店で必要と考えられる機能を全て搭載しています。疑問点・要望など遠慮なくご質問下さい。もし、あなたが要望される機能が汎用性があると判断した場合、バージョンアップの際に機能追加を検討致します。

60日間無料試用は ”サービス・製品” の途中にダウンロードボタンが有ります。(下図参照)

プログラムはウィルスチェックなどの確認を十分実施した上でアップロードしています。最新版に更新して間が無い場合など、ブラウザの警告など出る場合が有りますが、安心してダウンロードを進めて下さい。

この社長の猫の手プログラムは貴社の日常業務の心強い味方になることを確信しています。

 

 

2021年09月21日

社長の猫の手 ”顧客メモ” とは自動記録できる顧客台帳です。

顧客メモとは設備工事店向け見積・積算ソフトである ”社長の猫の手” の数ある機能の中でも実際の設備工事店としての経験から生まれた大変便利な機能のひとつです。


”顧客メモ” とは一般的な言い方をすれば顧客台帳に最も近いものと言えます。顧客台帳と何が違うかと言えば、顧客台帳は顧客との取引が有った時、その内容を手動で記録するものです。しかしながら、中々これが大変な作業であり、忙しさの中で記入忘れなどが発生し、中途半端な資料となってしまう事が多いのでは無いでしょうか? 全てのお客様との取引の履歴が完全に保存された顧客台帳を維持するためにはそれなりの規模でそれを専任で行う人員が配置されて初めて実現されるものです。
多分、このホームページをご覧頂いている方は中々そのような人員を抱えて事業をされている方は少ないのではないかと思われます。しかしながら、設備工事店では顧客台帳はなくてはならないものです。お客様と長い間お付き合いするためにはいつ、どの様な機器を幾らでどの様な工事をして収めたかという記録が大変重要です。


貴社ではお客様から ”以前工事してもらった機器が故障したから修理してほしい” という電話が有った場合、直ぐにその機器のメーカー名、型式、納入時期が即座に取り出す事が出来ますか? 多くの場合、昔のファイルされた資料を書庫から引っ張り出し、時間を掛けてなんとか必要な情報がやっと判明するというケース、または資料を時間を掛けて探すよりも直接現場に行って確認した方が確実で早いという方が多いのでは無いでしょうか?


この場合、自社からお客様の家までの距離がそう離れていない場合、前述の後者の場合でも問題有りません。お客様には早速、見に来ていただいてと感謝され、より深い信頼関係が築かれる事となります。しかしながら、遠方のお客様の場合、同様の対応が出来るでしょうか? 最近はインターネットの普及で遠方のお客様との取引も増えているのでは無いでしょうか? 私の知り合いの設備工事店さんでも他府県まで工事に行くという話を良く聞きます。そんな場合、自社で部品などを保有し、修理が完結する場合を除き、車で何時間も掛けて高速料金を払って機器の型式、故障の状況をメーカーに連絡して修理してもらうという場合、修理代金に自社で掛かった費用を請求出来るでしょうか?高額な機器で修理費用もそれなりに掛かる場合であればそこそこの自社の経費を含めて請求することが可能ですが、メーカーサービスマンが安価な部品を短時間で交換し、完了するような修理の場合、自社で確認に要した費用を修理費用に含めると、とんでもない請求金額になり、結局その分をお客様に請求出来ないということになりかねません。


このように考えればやはり設備工事店にとって、必要事項が漏れなく記載された顧客台帳は必要不可欠です。社長の猫の手の ”顧客メモ” は誰に、いつ、何を幾らでという重要情報をお客様毎に漏れなく自動記入する事の出来る顧客台帳です。具体的には請求書を発行する度に自動的にその内容が自動記録され、時系列で制限無く保存されていきます。従って、お客様から先ほどの様な修理依頼の電話が有った場合でも、納入日時、金額、メーカー名、型式など必要情報が即座に確認が可能となり、場合によっては、”その給湯機ですが、15年前に設置させていただいており、循環ポンプ、基板なども5年前に修理させて頂いております。機器の寿命を考えると今回、修理よりも取替を考えて頂いた方が良いかもしれません” といった対応も可能となります。顧客メモのリンク機能を使えば、工事の図面、資料など即座に確認も可能です。自社で修理が困難でメーカー修理を依頼する場合でも、社長の猫の手の "メーカ修理依頼書" を利用すれば必要な情報を漏れなくメーカーサービスマンに伝える事が簡単に可能となり、結果的に一回の訪問で修理が完了し、修理が早く、安く出来、お客様に喜んで頂ける事が期待出来ます。
社長の猫の手が、単なる見積だけの設備工事ソフトとは違い、実用機能満載の設備工事店向けソフトであることが理解頂けたのではないでしょうか?

2021年09月17日

社長の猫の手 最新版への更新手続きについて

 

社長の猫の手を既にご購入済みのお客様で最新版への更新をご希望されるお客様は事前に更新希望のメールをお送り頂き、更新手数料5000円を指定口座にお振込み下さい。ご入金が確認され次第、最新版の正規認証IDをご連絡致します。なお、メールでご連絡の際、会社名、ご担当者名、ご住所、代表電話番号、メールアドレスをご記入お願いします。振込指定口座は三井住友銀行となります。(口座番号はご購入方法をご確認下さい。振込手数料はお客様でご負担お願いします)

2021年09月06日

設備工事店向けの見積・積算ソフト 社長の猫の手誕生秘話

社長の猫の手は設備工事店向けの見積・積算ソフトのスタンダードを目指して2006年の販売開始以来、約15年を費やし、その機能、使い勝手の向上を図る為、常に改良を続けてきました。

他と大きく違うのがソフト開発者自身が設備工事に従事する者である事です日常の設備工事店での経験をプログラムに直接反映しています。設備工事の経験の無いプログラマーが作ったソフトと使い勝手が違います。

設備工事店で本当に必要な機能を漏れなく搭載しています。

見積書作成の他、修理伝票、納品書、請求書、領収証、注文書、日報作成、工事写真帳作成、売上管理機能など設備工事店で必要となる伝票作成機能を全て搭載済みです。

また、顧客台帳自動作成機能(顧客メモ)、請求書送付記録など本当に便利な機能が満載です。社長の猫の手は60日間、機能制限など一切無しに無料試用が出来ます。是非一度お試下さい。

 何故、機能制限無しに60日間も無料試用出来るようにしているのか? その答えは私自身の苦い経験からです。元々某家電メーカーのビル用空調機のソフト開発に8年程従事し、家業の設備工事店に戻りました。

当時弊社ではほとんどの伝票が手書きまたはワープロによるもので見積書作成といってもそれなりの設備工事経験があり、細かな拾い出し作業などを経て時間と労力を掛け作成していました。

これでは効率が悪いと考え、100万円を越える設備専用ソフトを購入しました。しかしながらデータ登録など膨大なデータを始めに設定して初めて使えるという商品で全く実用的では有りませんでした。次にこれに懲りず、バブリーな時代でも有った為、また別なソフトを同じく100万円程で購入しました。最初に数回使い方の説明が有りましたが、私は工事業務が忙しく、代わりに事務員さんが説明を聞きました。購入から少し時間が経過し、仕事の合間にソフトを使いこなそうとした時、ソフトをインストールしたパソコンが壊れ、認証キーの再発行を購入先に要望したら、再発行出来ませんというつれない回答、結局、2本で200万円を使えないまま、ドブに捨てたという経験があります

 このような苦い経験から、取り合えず、自社で使える物を自分で作って見ようと考えました。前の会社ではまだマイクロソフトのワード、エクセルよりも一太郎、花子がスタンダードでエクセルは使った経験が有りませんでした。また、当時はWindowsでは無くMS-DOSしか使った事が有りませんでした。従って、今の会社に戻って来た時、マウスでさえ使った事が有りませんでした。

しかしながら、マイクロソフトエクセルは計算式が入れられることは知っていました。従って、エクセルで伝票の枠を作り、合計の計算などを自動的に出来るようにするところから始めました。

最初に作ろうとしたのが修理伝票です。弊社では修理に力を入れていたため、修理完了後に印刷された修理伝票に修理実施者が手書きで日付、時間帯、修理内容、実施者、修理に要した時間、修理に使用した部材を記入していました。

次にこの伝票を事務員さんが掛かった時間に対する労務費、使用した材料の原価を拾い出し集計していました。それを社長(私の父)が経験と勘で最終的な顧客への請求金額を決めていました。

後から請求金額を確認すると、自分では大変苦労して修理したのに以外と請求費用が安いな? などと感じる場合がありました。

そこでこれらをもっと合理的に要した労力に請求金額が見合うようにするにはどうすれば良いかを考えました。そこで、単に修理に要した時間、材料だけで無く、修理の緊急性(急ぎ、並み、手すき)、現場の状況(高所、危険、汚れている場所)、修理の時間帯(平日、17時以降、休日、深夜)、作業員の熟練度、移動に要した時間など様々な要素を請求金額に反映出来る伝票を作成することを目指しました。また修理に要した部材を予め登録しておき、選択することで金額が自動的に計算されるようにしようと考えました。様々な思いを実現しようとした際、エクセルの計算式だけでは実現が難しくなって来ました。

エクセルを使って行く中でエクセルにはマクロというプログラム機能が含まれている事に気づきました。以前、前の会社でビル空調機のソフト開発に携わっていた際、プログラム開発には専用言語と開発機材(デバッカー)などが必要で当時1000万円を越える設備投資をして初めてプログラム開発が出来るという状況でした。それが常識だと思っていたのにパソコンを購入した際に標準搭載されているマイクロソフトのofficeにプログラミング機能が最初から入っており、色々調べるとデバック機能も標準搭載しているのは衝撃的でした。最初は半信半疑でした。こんなに安いソフトで本当にプログラムが作れるのか?と疑っていました。参考書を購入し、独学でやり始めるうちに完全にはまってしまいました。

修理伝票で材料登録した為、これを利用すれば見積書が作れる!見積書がある程度形になった時、自社で事務員さんに使って貰うように頼みましたが、昔ながらのやり方に慣れたベテランの事務員さんは使おうとしませんでした。そんなことはお構いなしに私自身はプログラム開発に没頭しました。そのうち、このソフトを商品として売って見たいという気持ちになり、社内での反対の声にも負けず、本業そっちのけで益々のめり込んで行きました。こうして、設備工事専用ソフト ”社長の猫の手” が誕生しました。最初は仕入れ先の展示会に出品させて頂き、様々なお客さんの要望、自社でのノウハウを次々にプログラムに反映し、現在の原型が完成しました。

2006年にネット上で販売開始し、お客様の要望を製品に反映し、バージョンアップを重ねて来ました。

 社長の猫の手の開発にあたり、まず使い勝手が良い事、パソコンの苦手な人でも簡単に使える事、面倒なデータの登録作業など必要とせず、直ぐに使える事、設備工事に携わる人が本当に必要とする機能を安価に提供する事を目指しました。そして、本当に使えるプログラムかどうか見極めた上で購入して頂けるよう配慮しました。

そこで、社長の猫の手を購入して頂くお客様にはまず始めに無料で60日間機能制限無しにお試頂き、これは使えるという確信を持って頂いた方のみ製品を購入して頂くというスタイルを採用しました。購入したけど使えないといった無駄な投資になる心配も有りません。価格も大変お安く、設備工事店で必要な機能が全部揃っています。プログラム1本のご購入で事務所内のパソコンにインストールしてネットワーク環境での利用が可能です。リモートアシスタンスを利用して遠方のお客様でも購入前・購入後のサポートも万全です。

是非、一度、社長の猫の手を60日間無料でお試下さい!

2021年06月18日
» 続きを読む